コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野付水道(読み)のつけすいどう

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕野付水道(のつけすいどう)


北海道東岸の野付崎北方領土の国後(くなしり)島間の海峡。根室(ねむろ)海峡の最狭部で、野付崎と国後島南西端のケラムイ崎の間は幅約17km。両岸近くや中央部にある浅瀬はたえず変動し、霧におおわれることもあって船舶航行の難所となっている。冬季は流氷に閉ざされる。野付半島北岸沖はサケ・マスの好漁場。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野付水道の言及

【根室海峡】より

…海域の南の部分は根室湾である。海峡中央部に突き出す野付(のつけ)半島と国後島のノツエト崎,ケムライ崎との間は野付水道と呼ばれ,幅約16kmで海峡中最も狭い。水深は南口で20~30m,野付水道で5~10m,北部は急に深くなり,北口中央部では2400mに達する。…

※「野付水道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android