コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野付半島 ノツケハントウ

百科事典マイペディアの解説

野付半島【のつけはんとう】

北海道標津町,根室海峡に突き出た典型的な砂嘴(さし)。先端までの長さは約28kmにもなり,その規模は日本最大。地盤沈下により海水に浸されて立ち枯れた森林が,〈トドワラ〉〈ナラワラ〉と呼ばれる景観を形成する。また,ハマナスの大群落でも有名。先端部には野付崎があり,半島に抱かれた海域は野付湾で,海流の影響が少ないため広大な藻場となっており,多様な動植物の生息地となっている。野付湾とともに2005年11月,ラムサール条約登録湿地となる。
→関連項目ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の野付半島の言及

【野付崎】より

…先端が複雑に分かれた典型的な分岐砂嘴で,基部から先端まで約28km,最狭部の幅130m,標高6m以下。野付半島ともいい,先端部が狭義の野付崎である。標津(しべつ)市街地の南方から南東方向に延び,灯台のある竜神崎から西方向に屈曲して尾岱沼(おだいとう)(野付湾)を抱き,湾内に12ヵ所の分枝を突き出している。…

※「野付半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

野付半島の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地標津町営金山スキー場北海道野付郡別海町別海(町)中標津町サンゴ草野付水道根室湾

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野付半島の関連情報