コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野付半島 ノツケハントウ

百科事典マイペディアの解説

野付半島【のつけはんとう】

北海道標津町,根室海峡に突き出た典型的な砂嘴(さし)。先端までの長さは約28kmにもなり,その規模は日本最大。地盤沈下により海水に浸されて立ち枯れた森林が,〈トドワラ〉〈ナラワラ〉と呼ばれる景観を形成する。
→関連項目ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の野付半島の言及

【野付崎】より

…先端が複雑に分かれた典型的な分岐砂嘴で,基部から先端まで約28km,最狭部の幅130m,標高6m以下。野付半島ともいい,先端部が狭義の野付崎である。標津(しべつ)市街地の南方から南東方向に延び,灯台のある竜神崎から西方向に屈曲して尾岱沼(おだいとう)(野付湾)を抱き,湾内に12ヵ所の分枝を突き出している。…

※「野付半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野付半島の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地標津町営金山スキー場北海道野付郡別海町別海(町)中標津町ハマナスサンゴ草野付水道根室湾

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野付半島の関連情報