コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口照久 のぐち てるひさ

1件 の用語解説(野口照久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口照久 のぐち-てるひさ

1924-2011 昭和後期-平成時代の薬学者,経営者。
大正13年10月22日生まれ。昭和41年日本曹達(ソーダ)生物科学研究所長。のちサントリー専務などをへて,平成4年山之内製薬(現・アステラス製薬)副社長。東邦大教授,ロックフェラー大教授,ヘリックス研究所社長,テノックス研究所所長などをつとめる。水虫特効薬ナフチオメート,植物化学療法剤チオファネート,静脈注射ヒト免疫グロブリンのベニロンなどを開発した。平成23年3月15日死去。86歳。千葉県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野口照久の関連キーワード三重野康岡田茂(2)小山やす子重田保夫千田夏光築島裕辻隆東中光雄松本作衛山寺秀雄

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野口照久の関連情報