コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田実 むらたみのる

4件 の用語解説(村田実の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田実
むらたみのる

[生]1894.3.2. 東京
[没]1937.6.26. 東京
映画監督。初め新劇運動に身を投じたが,帰山教正らの純映画劇運動に参加。『生の輝き』 (1918) ほかに出演後,松竹キネマに入社,監督となった。『路上の霊魂』 (21) は日本映画史に残る代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらた‐みのる【村田実】

[1894~1937]映画監督・俳優。東京の生まれ。はじめ新劇界で活躍。小山内薫(おさないかおる)に師事。帰山教正(かえりやまのりまさ)の映画に出演したのち、小山内とともに松竹キネマに入社し「路上の霊魂」などを監督。他に「清作の妻」「街の手品師」「灰燼(かいじん)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田実 むらた-みのる

1894-1937 大正-昭和時代前期の映画監督。
明治27年3月2日生まれ。はじめ新劇界で活躍,小山内(おさない)薫にしたがって大正9年松竹キネマにはいる。10年「路上の霊魂」を監督。のち日活で「清作の妻」「街の手品師」「灰燼(かいじん)」など,現代劇に秀作をのこした。昭和12年6月26日死去。44歳。東京出身。東京高師付属中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村田実
むらたみのる
(1894―1937)

映画監督。東京生まれ。東京高等師範付属中学校卒業。演劇を志して小山内薫(おさないかおる)に師事、18歳で新劇団とりで社を結成した。河合武雄らの門下生になって劇界を放浪。1917年(大正6)新劇団踏路社を青山杉作らと発足させ、さらに翌年帰山教正(かえりやまのりまさ)の純映画劇運動に参画し、『生の輝き』『深山の乙女』に出演した。1920年松竹キネマに入り、『奉仕の薔薇(ばら)』を、翌年小山内が総指揮をした『路上の霊魂』を監督。国活を経て1923年に日活入社、『清作の妻』(1924)、『街の手品師』(1925)などで現代劇映画創出の旗手となった。以後も『灰燼(かいじん)』(1929)、『この太陽』(1930)、『霧笛』(1934)、『桜の園』(1936)で象徴的に人生をみるロマンチックな作風を展開したが、43歳で早世。[千葉伸夫]

資料 監督作品一覧

光に立つ女(女優伝)(1920)
路上の霊魂(1921)
君よ知らずや(1921)
奉仕の薔薇(1920)
父の罪(1923)
地獄の舞踊(1923)
お光と清三郎(1923)
清作の妻(1924)
猛犬の秘密(1924)
懐かしの郷(1924)
信号(1924)
お澄と母(1924)
金色夜叉(こんじきやしゃ)(1924)
新籠(かご)の鳥(1924)
運転手栄吉(1924)
青春の歌(1924)
お光と清三郎(1924)
街の手品師(1925)
法を慕ふ女(1925)
孔雀(くじゃく)の光 第一篇・第二篇(1926)
日輪 前後篇(1926)
素敵な美人(1926)
神州男児の意気(1926)
椿姫(1927)
結婚二重奏 前後篇[田坂具隆・阿部豊との共同監督](1928)
激流 前後篇(1928)
灰燼(1929)
摩天楼 争闘篇(1929)
摩天楼 愛慾篇(1930)
この太陽 第一篇・第二篇・第三篇(1930)
ミスター・ニッポン 前後篇(1931)
海のない港(1931)
白い姉 前後篇(1931)
上海(1932)
一九三二年の女(1932)
昭和新撰組(1932)
青春街(1933)
春の目醒め(1934)
霧笛(1934)
山の呼び声(1934)
花咲く樹 前篇 なみ子の巻・後篇 エマ子の巻(1934)
女の友情(1935)
情熱の不知火(1935)
突破無電 前後篇(1935)
桜の園(1936)
新月抄(1936)
『岸松雄著『人物 日本映画史1』(1970・ダヴィッド社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村田実の言及

【日本映画】より

…そこへ出現したのが帰山教正(かえりやまのりまさ)(1893‐1964)の〈純映画劇〉である。
[帰山教正と純映画劇運動]
 天活の映写技師兼外国部員であった帰山教正は,陰ぜりふの廃止と字幕の使用,女形に代わる女優の採用,演出法の改革に基づく〈純映画劇〉運動を提唱,新劇の村田実,青山杉作らと映画芸術協会を組織して,天活首脳部を説得し,18年,《生の輝き》《深山(みやま)の乙女》をつくった。2作品は意欲にあふれたもので,最初の映画女優・花柳はるみを生み出したが,商品性に乏しいという理由から翌年秋になってようやく公開され,革新性は認められつつも,外国映画の模倣の濃い試作にすぎないと受け止められて,興行的にも失敗した。…

※「村田実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村田実の関連キーワード天田貞吉兼田秀雄木原玉汝木村恒夫重見伊三雄千宗左(12代)津村京村福沢泰江森連米沢順子

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村田実の関連情報