金児 禎三(読み)カネコ テイゾウ

20世紀日本人名事典の解説

金児 禎三
カネコ テイゾウ

昭和・平成期の表具師



生年
大正6(1917)年5月1日

没年
平成6(1994)年3月27日

出身地
東京

経歴
父について修業。襖、掛け軸、屏風、織物などを扱い、東京谷中全生庵の織田信長書状、神奈川県秦野図書館の前田夕暮の書の軸装などを手がけた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android