金属燃料(読み)きんぞくねんりょう(英語表記)metal fuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属燃料
きんぞくねんりょう
metal fuel

金属ウラン,金属プルトニウムなどをそのまま原子炉の燃料としたもの。初期の高速増殖実験炉では,原子力開発初期の金属燃料開発の経験と増殖性能から金属燃料が用いられたが,低融点,燃料被覆材との相互作用から 10原子%以上の高燃焼度,600℃以上の使用温度の達成が困難とされ,約 2800℃まで変態のない二酸化ウランのセラミックス燃料が使われるようになった。しかし,再処理コストの低減という目的から,1980年代に入り再度金属燃料が注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android