コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属燃料 きんぞくねんりょうmetal fuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属燃料
きんぞくねんりょう
metal fuel

金属ウラン,金属プルトニウムなどをそのまま原子炉の燃料としたもの。初期の高速増殖実験炉では,原子力開発初期の金属燃料開発の経験と増殖性能から金属燃料が用いられたが,低融点,燃料被覆材との相互作用から 10原子%以上の高燃焼度,600℃以上の使用温度の達成が困難とされ,約 2800℃まで変態のない二酸化ウランセラミックス燃料が使われるようになった。しかし,再処理コストの低減という目的から,1980年代に入り再度金属燃料が注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone