コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変態 へんたいmodification

翻訳|modification

7件 の用語解説(変態の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変態
へんたい
modification

化学的組成が同じでありながら,原子配列,化学結合の方式,物理的性質などが異なる状態に変る現象。同素体や結晶における原子配列の変化などは変態の例である (→同素変態 ) 。合金などにおいて,変態の際に生じる内部ひずみのため徐々に変態するものをマルテンサイト変態という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

変態
へんたい
metamorphosis

多細胞動物の個体発生において,胚が直接成体にならずに,成体と異なる形態,生理,生態をもつ幼生を経て成体となる現象。ウナギカエル,昆虫,ウニ,ホヤなどは一般によく知られた例である。変態に際して前の組織はこわれ,新しい組織に置き換るが,この働きはホルモンによって支配されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へん‐たい【変態】

[名](スル)
形や状態を変えること。また、その形や状態。
普通の状態と違うこと。異常な、または病的な状態。
「お品は身体に―を来したことを」〈長塚
性的倒錯があって、性行動が普通とは変わっている状態。変態性欲。
動物で、幼生から成体になる過程で形態を変えること。おたまじゃくしがカエルに、蛹(さなぎ)がチョウになるなど。
植物で、根・茎・葉などが本来の形から変化し、著しく異なる形態をとること。葉がとげとなるなど。
同じ化学組成で物理的性質の異なる物質の状態。温度変化などによって生じることが多い。単体の場合には同素体という。転位。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

変態【へんたい】

卵から孵化(ふか)した幼生が成体とは異なった形態,生理,生態をもつ場合,幼生が成体になるまでの変換の過程をいう。カイメン動物をはじめ,環形,軟体などほとんどの海産無脊椎動物でみられる。
→関連項目エクジソン昆虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんたい【変態 metamorphosis】


【動物の変態】
 生物の個体発生において,幼生での分化が緩やかになるか,または停止した後にくる成体への分化の過程。卵から孵化(ふか)した個体の基本構造が,性成熟の有無を除き,成体と同一の場合を直接発生というが,変態はこの直接発生に対置される概念ともいえる。変態は原生動物を除くほぼすべての動物門で知られているが,哺乳類をはじめとする胎生および卵胎生種,直接発生をする軟骨魚類や鳥類,爬虫類クラゲ群体ボヤなどでみられるような無性生殖をする動物では変態は起こらないといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へんたい【変態】

( 名 ) スル
形や状態が変わること。また、その変わった形や状態。 「主権より民主政治に-するに於て/民約論
「変態性欲」の略。また、その傾向のある人。
動物が成体とは形態・生理・生態の全く異なる幼生(幼虫)の時期を経る場合に、幼生から成体へ変わること。また、その過程。
植物の根・茎・葉などの器官が本来のものと異なる形態に変わり、その状態で種として固定すること。捕虫葉・葉針・気根・巻きひげなど。
〘物・化〙 同じ化学組成をもちながら、異なった物理的性質を示す状態または物質。特に、単体の場合は同素体、結晶の場合は多形ともいう。また、有機化合物が化学組成を変えずに原子・原子団の位置の変化で別の状態・物質に変わること。転位。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変態の関連情報