低減(読み)ていげん

精選版 日本国語大辞典「低減」の解説

てい‐げん【低減】

〘名〙
① へること。また、へらすこと。
※防雪林(1928)〈小林多喜二〉六「では、皆の意見は、小作料率の低減ですか。その嘆願ですか」
② 価の安くなること。また、価を安くすること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「貿易の理は、其価の高貴にて、需用の狭からんより、其低減につきて、供給益広きを眼目とすべし」
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)六七〇条「最低競売価額を相当に低減し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「低減」の解説

てい‐げん【低減】

[名](スル)
へること。また、へらすこと。「出生率が低減する」「予算を低減する」
値段が安くなること。また、安くすること。「地価が低減する」「小売価格を低減する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android