コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金彩 キンダミ

デジタル大辞泉の解説

きん‐だみ【金彩】

細工物などを金箔(きんぱく)や金泥でいろどること。また、そうしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんだみ【金彩】

金泥きんでいまたは金箔きんぱくでいろどること。また、そうしたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金彩の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門切り金・切金・截り金バハレイヤオアシス飯田屋八郎右衛門シュワルツロットラジバルディナ手アンピール様式ウースター磁器バンセンヌ窯セーブル磁器パン(食物)ベンチャロン近藤 悠三富本 憲吉江里佐代子宮之原 謙バウィティ西出 大三山脇 洋二金属工芸

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金彩の関連情報