コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金泥(読み)キンデイ

大辞林 第三版の解説

きんでい【金泥】

こんでい(金泥)」に同じ。

こんでい【金泥】

金粉を膠にかわの液で泥のように溶かしたもの。日本画や装飾、また写経にも用いた。きんでい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金泥の言及

【日本画】より

…砂子(すなご)は粗密各種類の網を張った竹筒に切廻し箔を入れ粒状にした後,再び竹筒に入れ棒などで竹筒をたたいて画面に落としてゆく技法で,装飾効果を高めるためのものである。泥(でい)は箔をつくる際に出る切廻し箔などを練り合わせたもので,金泥は膠で練り,火の上で焼きつけては溶きかえすという作業をくり返しながら使うと美しい発色が得られる。また金泥を塗った後,貝殻や動物の牙などで上面をこすり,輝きを増したりもする。…

※「金泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金泥の関連情報