コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金泥 キンデイ

4件 の用語解説(金泥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐でい【金泥】

金粉をにかわで溶いた顔料。書画などに用いる。こんでい。

こん‐でい【金泥】

きんでい(金泥)」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金泥の言及

【日本画】より

…砂子(すなご)は粗密各種類の網を張った竹筒に切廻し箔を入れ粒状にした後,再び竹筒に入れ棒などで竹筒をたたいて画面に落としてゆく技法で,装飾効果を高めるためのものである。泥(でい)は箔をつくる際に出る切廻し箔などを練り合わせたもので,金泥は膠で練り,火の上で焼きつけては溶きかえすという作業をくり返しながら使うと美しい発色が得られる。また金泥を塗った後,貝殻や動物の牙などで上面をこすり,輝きを増したりもする。…

※「金泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金泥の関連情報