コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金糸猴 キンシコウ

大辞林 第三版の解説

きんしこう【金糸猴】

霊長類の一種、ゴールデンモンキーの俗称、もしくは中国名。頭胴長70センチメートル 程度。鮮やかなオレンジ色と黒褐色の体毛をもち、孫悟空のモデルとされる。中国の四川省などに分布するが、個体数が減り、絶滅の危機にある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金糸猴 (キンシコウ)

学名:Rhinopithecus roxellanae
動物。オナガザル科のオナガザルの一種,チベットシシバナザルの別名

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の金糸猴の言及

【サル(猿)】より

…小説《西遊記》に登場するサル孫悟空は,宋代以降にわかに優勢になった猴の代表者であるが,そのイメージには,猿をめぐる伝承も,また遠くインドのハヌマットの要素も,ともに揺曳(ようえい)している。中国の奥地の山中にすむシシバナザル(金糸猴,仰鼻猴)も,その美しい金毛や特異な容貌(青い顔とあおむきの鼻孔)のゆえに多くの伝説をもっているし,野人,野女と呼ばれる猿も,今日まで話題を提供し続けている。【中野 美代子】
[日本の民俗]
 日本の猿は尾が短く体も小さくて猴と書くべき種類に属する。…

【シシバナザル】より

…シシバナザル属は中国西部に生息するチベットシシバナザルR.roxellanaeとベトナム北部に生息するトンキンシシバナザルR.avunculusの2種を含むが,前者をさらに3種に分ける学者もいる。そのうちの一型は,背は灰褐色だが,額と胸と四肢の内側に美しい黄金色の毛をもつことからゴールデンモンキーとして知られ,中国では金糸猴と呼ばれている。トンキンシシバナザルは,額,のど,ほお毛が白く,背は黒っぽい。…

※「金糸猴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金糸猴の関連キーワード九寨溝の渓谷の景観と歴史地域黄龍の景観と歴史地域ゴールデンモンキー四川(省)オレンジ色四川省霊長類神農架黒褐色疣鼻猿孫悟空俗称体毛絶滅武都

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android