コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金魚ちょうちん

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金魚ちょうちん

幕末の頃、青森県ねぶたヒントを得て、伝統木綿織物の柳井縞(じま)の染料で作られたのが始まりと伝えられる。かつては子どもらが夏祭りのときに、中にろうそくをともして歩いたが、戦後は郷土民芸品として定着した。竹ひごで骨格を組み、障子紙を張り合わせて完成させる。

(2013-06-07 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

金魚ちょうちんの関連キーワード幕末

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金魚ちょうちんの関連情報