コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜屋 かまや

防府市歴史用語集の解説

釜屋

 塩田の中の、濃くした塩水を煮つめて、塩を取り出すための建物です。石の釜に石炭を入れて燃やしていました。釜屋の横にはえんとつがありました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典内の釜屋の言及

【釜師】より

…釜大工ともいう。古くは釜作専業ではなかったが,室町時代以降,茶の湯の流行に伴い,京都三条釜座がおこると,釜作を専業とする鋳物師が輩出し,釜屋と称し,茶人の好みに応じた釜を鋳造するようになった。足利将軍家においては御釜師の名称も用いられたといわれるが,釜の発祥地とされる筑前芦屋や下野(しもつけ)天命では金屋を称しており,いわゆる鍋・釜や梵鐘,釣灯籠なども製作していたが,金屋大工が一般に釜師と称されるようになったのは,京釜が隆盛した安土桃山時代以後のことと考えられる。…

※「釜屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

釜屋の関連キーワード三田尻塩田記念産業公園光ふるさと郷土館石見銀山遺跡島根県大田市久米栄左衛門能美(市)通用亭徳成根上[町]石見銀山湖水浦近趙樹理菊天女丹波焼屋敷沼井釜師台所食堂老僧民家

釜屋の関連情報