コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木竜洞 すずき りゅうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木竜洞 すずき-りゅうどう

?-? 江戸時代中期の国学者。
武蔵(むさし)の人。和漢の学に通じ,明和7年(1770)「神道書目集覧」を編集刊行。その付録で,当時の流儀にこだわる神道各派のありかたを「其門人互ニ流義ノ是非ヲ争論スルコト,仏者ノ宗論ニ似タリ」と批判している。名は行義。字(あざな)は子達。別号に好古軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木竜洞の関連キーワード国学者武蔵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android