流儀(読み)リュウギ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ぎ〔リウ‐〕【流儀】

物事のやり方。「結婚式は田舎の流儀でやる」
技術・芸能などで、その人や流派に伝わっている手法・様式。「流儀を守り伝える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうぎ【流儀】

物事の仕方。やり方。 「君の-にはついていけない」 「彼独特の-」
芸術・武術などの、その流派や家に昔から伝えられている仕方。流派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅう‐ぎ リウ‥【流儀】

〘名〙
① やりかた。しかた。しきたり。
※蓮如御文章(1461‐98)三「京田舎のあひだにおいて、浄土宗の流義、まちまちにわかれたり」
② 技術・芸能などで、その人やその流派などに古くから伝えられてきた手法・様式。
※役者論語(1776)続耳塵集「むかしの役者は〈略〉出てむかふを切るに、各その風情流義(リウギ)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流儀の関連情報