流儀(読み)りゅうぎ

精選版 日本国語大辞典「流儀」の解説

りゅう‐ぎ リウ‥【流儀】

〘名〙
① やりかた。しかた。しきたり。
※蓮如御文章(1461‐98)三「京田舎のあひだにおいて、浄土宗の流義、まちまちにわかれたり」
② 技術・芸能などで、その人やその流派などに古くから伝えられてきた手法・様式
※役者論語(1776)続耳塵集「むかしの役者は〈略〉出てむかふを切るに、各その風情流義(リウギ)あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流儀」の解説

りゅう‐ぎ〔リウ‐〕【流儀】

物事のやり方。「結婚式は田舎の流儀でやる」
技術・芸能などで、その人や流派に伝わっている手法・様式。「流儀を守り伝える」
[類語]スタイル様式仕方り方仕振り仕様しようよう方法方式り口でん致し方手段手口メソッド方途機軸定石てだて方便術計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android