銭をつく(読み)ゼニヲツク

デジタル大辞泉の解説

銭(ぜに)をつ・く

銭を差し出す。銭をその場で支払う。
「和諭(あつかひ)(=示談)になりしやら、―・いたもたしかに見た」〈浄・歌念仏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜにをつく【銭をつく】

銭を差し出す。銭を支払う。 「扱ひになりしやら、-・いたもたしかに見た/浄瑠璃・五十年忌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android