コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭売り ゼニウリ

デジタル大辞泉の解説

ぜに‐うり【銭売り】

江戸時代、を持って市中をめぐり、金銀貨を両替して手数料を取った小商人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜにうり【銭売り】

江戸時代、小銭を額面の大きな貨幣に両替することを業としたもの。金あきんど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銭売りの関連キーワード江戸時代金商人貨幣額面小銭

銭売りの関連情報