銭売り(読み)ゼニウリ

大辞林 第三版の解説

ぜにうり【銭売り】

江戸時代、小銭を額面の大きな貨幣に両替することを業としたもの。金あきんど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android