コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手数料 テスウリョウ

デジタル大辞泉の解説

てすう‐りょう〔‐レウ〕【手数料】

手数をかけたことに対する報酬として支払う金銭。「仲介業者に手数料を払う」
国・地方公共団体などが、特定の者のために行う事務について徴収する料金

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てすうりょう【手数料】

手続き・仲介などの行為の代償として受け取る金。 「 -を徴収する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手数料
てすうりょう

一般に他人の求めに応じて行った特定の行為に対する報償として受け取る金銭をさすが、行政上は国、公共団体などが特定の者のために行う事務について徴収する料金をいう。国が徴収する手数料には民事訴訟、家事審判、非訟事件、民事調停などの司法手続、各種許認可、租税督促、戸籍、住民登録、登記、実用新案、特許、意匠、商標、各種試験など行政上の手続に関する手数料などがある。また、地方公共団体は地方自治法(227条)の定めるところにより各種手数料を徴収することができる。手数料の納入方法としては現金による方法と証紙による方法とがある。また、特定の手数料については滞納処分の例により裁判手続を経ずに徴収することができる。このような公法上の手数料は法令により一方的に定められ、私法上の手数料と異なり、国、公共団体などの提供するサービスとの間に対価関係はかならずしも存在せず、そのサービスに要する費用より安く定められることが多い。なお、公証人や執行官もその職務について法令の定める手数料を徴収できる。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

手数料の関連キーワードディスカウントブローカーservice feeCIF and CICIF and C株式売買委託手数料口座維持手数料ギャランティー契約管理手数料フィービジネスチャーニングサーチャージスイッチングコミッション株式手数料銀行手数料申込手数料為替手数料解約手数料ボンド扱い為替仲立人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手数料の関連情報