市中(読み)シチュウ

大辞林 第三版の解説

いちなか【市中】

町のなか。まちなか。しちゅう。 「 -は物のにほひや夏の月(凡兆)/猿蓑」

しちゅう【市中】

まちのなか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐なか【市中】

〘名〙 町のなか。まちなか。しちゅう。
※虎寛本狂言・夷毘沙門(室町末‐近世初)「西の宮の市中に住で」

し‐ちゅう【市中】

〘名〙 まちなか。市街の中。
※日本往生極楽記(983‐987頃)弘也「或住市中仏事、又号市聖
※俳諧・続深川集(1791)「ここのとせの春秋、市中に住侘て、居を深川のほとりに移す」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「旅順が落ちたので市中は大変な景気ですよ」 〔史記‐刺客伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市中の関連情報