市中(読み)しちゅう

精選版 日本国語大辞典「市中」の解説

し‐ちゅう【市中】

〘名〙 まちなか。市街の中。
※日本往生極楽記(983‐987頃)弘也「或住市中仏事、又号市聖
俳諧・続深川集(1791)「ここのとせの春秋、市中に住侘て、居を深川のほとりに移す」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「旅順が落ちたので市中は大変な景気ですよ」 〔史記‐刺客伝〕

いち‐なか【市中】

〘名〙 町のなか。まちなか。しちゅう。
※虎寛本狂言・夷毘沙門(室町末‐近世初)「西の宮の市中に住で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「市中」の解説

【市中】しちゆう

まちなか。〔宋書、宗越伝〕に補せらる。、蠻のと爲る。其のせる、嘗(かつ)て郡に出づ。越、市中に於て之れを刺す。太守夏侯穆、其の(よみ)し、(ぬきん)でてと爲す。

字通「市」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android