市中(読み)シチュウ

  • いちなか

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 町のなか。まちなか。しちゅう。
※虎寛本狂言・夷毘沙門(室町末‐近世初)「西の宮の市中に住で」
〘名〙 まちなか。市街の中。
※日本往生極楽記(983‐987頃)弘也「或住市中仏事、又号市聖
※俳諧・続深川集(1791)「ここのとせの春秋、市中に住侘て、居を深川のほとりに移す」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「旅順が落ちたので市中は大変な景気ですよ」 〔史記‐刺客伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市中の関連情報