コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋屋バイテック

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鍋屋バイテック

本社は岐阜県関市。1560年に岡本太右衛門が現在の岐阜市で始めた鋳造業が源流モーター動力を機械に伝える滑車や軸継ぎ手、精密ねじなどの機械部品をつくる。国内では、午後2時までの注文品は即日出荷する。2012年12月期の売上高は71億円、営業利益は5億円の見通し。非上場。

(2012-12-16 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

鍋屋バイテック

正式社名「鍋屋バイテック株式会社」。略称「NBK」。英文社名「Nabeya Bi-tech Kaisha」。機械工業。永録3年(1560)創業。昭和15年(1940)「鍋屋工業株式会社」設立。平成13年(2001)現在の社名に変更。本社は岐阜県関市桃紅大地。機械部品メーカー。伝動機器であるプーリーのシェアトップクラス。カップリング・特殊ネジなど超精密機械部品も手がける。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

鍋屋バイテックの関連キーワードグスタフフランソワ今川義元浅井長政グスタフ伊木山城クーザンエリザベス(1世)久松氏桶狭間の戦い

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android