コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍬下 クワシタ

デジタル大辞泉の解説

くわ‐した〔くは‐〕【×鍬下】

荒地を切り開いて田畑にするまでの期間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くわした【鍬下】

新たに山野を開墾して田畑とするまでの期間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鍬下の言及

【鍬下年季】より

…江戸時代の年貢用語。新田畑を開発し,耕地化する期間を鍬下といい,開発から一定期間年貢諸役を免除することを鍬下年季という。古くは戦国時代に〈10年荒野とすべし〉としてこの期間年貢諸役を免除しているが,江戸時代から鍬下年季といわれるようになった。…

※「鍬下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鍬下の関連キーワード新田検地鴻池新田新田開発鍬下年季高請地手賀沼荒地年貢石高検地山野

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android