鎌をかける(読み)かまをかける

大辞林 第三版の解説

かまをかける【鎌をかける】

知りたいことを相手に自然にしゃべらせるように、それとなく言いかけて誘導する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

鎌をかける

相手の本音など、自分が知りたいと思うことを聞き出すため、巧みにことばで誘い、漏らしてしまうように仕向けること。つまり、誘導尋問

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android