コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘の歌

デジタル大辞泉プラスの解説

鐘の歌

ドイツの作曲家マックス・ブルッフの独唱者、合唱、管弦楽のための作品(1877)。原題《Das Lied von der Glocke》。歌詞はシラーの詩に基づく。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

鐘の歌の関連キーワードドリーブラクメ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鐘の歌の関連情報