コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長源 ちょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長源 ちょうげん

?-? 平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。奈良元興寺でまなぶ。貞観(じょうがん)13年(871)興福寺維摩会(ゆいまえ)講師,14年大極殿御斎会(みさいえ)講師,のち薬師寺最勝会(さいしょうえ)講師をつとめ已講(いこう)となる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長源の関連キーワード福井県小浜市小浜酒井群馬県安中市上後閑千葉県佐倉市臼井田日蓮上人註画讃小浜(市)天英祥貞傑伝禅長国巌大佐窪田統泰竜雲寺貞把宝雲日珖日審李泌法相日乾覚助

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長源の関連情報