法相(読み)ほっそう

精選版 日本国語大辞典「法相」の解説

ほっ‐そう ‥サウ【法相】

〘名〙 仏語
① 一切の存在の現象的な差別のすがた。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「一障令法相
② 具体的に示された教え。
※本化摂折論(1902)〈田中智学〉四「『通命的法相(ホッサウ)』を以て『別命的法相』を侵害して、本化別頭(ほんげべつづ)の法門も修行も、何の所詮の無いものにして仕舞う」
※類聚国史‐一七九・諸宗・延暦一七年(798)九月壬戌「詔曰、法相之義、立有而破空」

ほう‐そう ホフサウ【法相】

〘名〙
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「つねにねかひて、かくのことく法相(ホウサウ)を観す」
打聞集(1134頃)玄奘三蔵心経事「さて多の法門ともに以渡てよりほうさうの大そうの法門于今絶す」

ほう‐しょう ハフシャウ【法相】

〘名〙
① もと司法大臣、現在は法務大臣をさしていう。
※風俗画報‐八〇号(1894)大元帥御親征「榎本農商相、芳川法相、渡辺蔵相、は馬車又は騎馬にて参着」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の法相の言及

【法相宗】より

…唯識宗,慈恩宗などともよぶ。法相とは諸法つまり万象が有する本質の相状のことで,識以外の何物も存在しないと説くのがインドで成立した唯識派つまり瑜伽行派であり,窺基は師の玄奘が訳出した《成唯識論》の注釈たる《成唯識論述記》などを著し,法相を五位百法に分類し分析的に説明した。玄奘と窺基が唐の高宗の厚い信任を得たことから,法相宗は一世を風靡したが,その教義がインド仏教を直輸入した色彩が濃く,教理組織が繁雑をきわめたこともあり,武周朝(690‐704)に法蔵の華厳宗が隆盛になるにしたがい,宗派としてはしだいに衰えてしまった。…

※「法相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android