コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法相 ホウショウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐しょう〔ハフシヤウ〕【法相】

法務大臣のこと。

ほう‐そう〔ホフサウ〕【法相】

ほっそう(法相)

ほっ‐そう〔‐サウ〕【法相】

仏語。
一切の存在の差別(しゃべつ)の姿。万象のありさま。
法相宗」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうしょう【法相】

法務大臣のこと。

ほっそう【法相】

〘仏〙
事物の姿。この世に存在している事物が、現象として示している形態。現象のありのままの姿。 → くう
「法相宗」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の法相の言及

【法相宗】より

…唯識宗,慈恩宗などともよぶ。法相とは諸法つまり万象が有する本質の相状のことで,識以外の何物も存在しないと説くのがインドで成立した唯識派つまり瑜伽行派であり,窺基は師の玄奘が訳出した《成唯識論》の注釈たる《成唯識論述記》などを著し,法相を五位百法に分類し分析的に説明した。玄奘と窺基が唐の高宗の厚い信任を得たことから,法相宗は一世を風靡したが,その教義がインド仏教を直輸入した色彩が濃く,教理組織が繁雑をきわめたこともあり,武周朝(690‐704)に法蔵の華厳宗が隆盛になるにしたがい,宗派としてはしだいに衰えてしまった。…

※「法相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法相の関連情報