コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長距離攻撃システム ちょうきょりこうげきしすてむ Long‐Range Strike system

1件 の用語解説(長距離攻撃システムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

長距離攻撃システム

2006年2月に公表された米国防総省の「米軍戦力構成4年次見直し(Quadrennial Defense Review:QDR)」で打ち出された、米本土から全世界いかなる場所(グローバルレンジ:global range)に対しても、短時間の内に精密に攻撃できるシステムの総称。QDRで米空軍は2025年までに長距離攻撃能力を50%、その(敵地)侵攻能力を現在の5倍に増強することを目標としている。18年から陸上配備式の、高い侵攻能力を持つ新型長距離攻撃システムの配備を開始するとされているが、06年中期現在、まだこのシステム(LRS)の具体的な形は定まっていない。有人型、あるいは無人の長距離爆撃機、弾道ミサイル型、輸送機などの大型機から発射する巡航ミサイルや弾道ミサイルなどが検討されているが、QDRは将来の長距離攻撃手段の45%は無人型になるとしている。

(江畑謙介 拓殖大学海外事情研究所客員教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長距離攻撃システムの関連キーワードCODASYLDARPADCAアーリントン国防総省アメリカ国防総省DISADSCSDTRA4年ごとの国防政策見直し(QDR:Quadrennial Defense Review)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone