無人(読み)むにん

精選版 日本国語大辞典「無人」の解説

む‐にん【無人】

〘名〙
のいないこと。住む人のないこと。むじん。
※正法眼蔵(1231‐53)行仏威儀「無仏無人の処在に、百千万ありといへども、行仏を染汚せず」
人手のないこと。ぶにん。
③ 今はすでにこの世にない人。なき人。故人。
※御伽草子・花みつ(有朋堂文庫所収)(室町末)「難行苦行して、むにんの御あとをとぶらひけるこそやさしけれ」
④ 恩義や人情などをわきまえない人。ひとでなし。
※仮名草子・心友記(1643)上「またかくの如くなる無人(ムニン)あれば、少人いかに情かけたときと思召しても、ならぬ体にてはこれなきや」

ぶ‐じん【無人】

〘名〙
① 人のいないこと。むじん。むにん。ぶにん。
※空知川の岸辺(1902)〈国木田独歩〉三「人力を以て自然に打克んが為めに、殊更に無人(ブジン)の境を選んで作られたのである」
② 人の心を解さない人。人でなし。
※仮名草子・心友記(1643)上「彼念人(ねんじん)、いやしきぶじんなれば金銀の事とおもひ」

ぶ‐にん【無人】

〘名〙 (形動) 人数の少ないこと。人のいないこと。人手のないこと。また、そのさま。無人数。
※明月記‐治承四年(1180)二月一四日「家中無人」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「無人(ブニン)で淋しくって困るから」

む‐じん【無人】

〘名〙 人が住んでいないこと。また、人物のいないこと。むにん。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉二四「森々として死せるが如き無人(ムジン)の深夜」 〔漢書‐蘇武伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無人」の解説

ぶ‐にん【無人】

[名・形動]人がいないこと。人数の少ないこと。人手の足りないこと。また、そのさま。
「—で淋しくって困るから」〈漱石こゝろ

む‐にん【無人】

人が住んでいないこと。むじん。
人手がないこと。ぶにん。

む‐じん【無人】

人のいないこと。人の住んでいないこと。むにん。
[類語]留守居留守不在留守番留守居留守を使う留守を預かる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android