敵地(読み)てきち

精選版 日本国語大辞典「敵地」の解説

てき‐ち【敵地】

〘名〙 領地。敵の占領地。また、敵の勢力の及んでいる土地。〔文明本節用集(室町中)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「もし敵地(テキチ)に走りて、曚雲が賊兵に捕られ」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉三「控所を出た時には何だか敵地へ乗り込む様な気がした」 〔後漢書‐耿弇伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「敵地」の解説

【敵地】てきち

敵の領域。〔後漢書、呉漢伝〕(われ)君と共に險阻を踰越(ゆえつ)し、千里に轉戰し、在斬(ざんくわく)して、に深く地に入り、其の下に至れり。~、此の一擧に在り。

字通「敵」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android