開迹顕本(読み)かいしゃくけんぽん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開迹顕本
かいしゃくけんぽん

仏教用語。開近顕遠 (かいごんけんのん) ともいう。『法華経』の後半に説かれることで,歴史的人物として姿を現した釈尊は,本当は永遠の仏が垂迹したものであると顕示すること。天台宗では,開権顕実 (かいごんけんじつ) を法華迹門とするのに対して,これを法華本門とみている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいしゃくけんぽん【開迹顕本】

〔「迹」は垂迹、「本」は本地ほんじのこと〕
天台宗で説く法華経後半の趣旨。釈尊がこの世に現れて成仏したのは方便としての仮の姿であり、真実は永遠の昔からずっと仏であることをあきらかにする。開近顕遠かいごんけんおん。 → 開権顕実かいごんけんじつ開三顕一かいさんけんいち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android