開迹顕本(読み)かいしゃくけんぽん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開迹顕本
かいしゃくけんぽん

仏教用語。開近顕遠 (かいごんけんのん) ともいう。『法華経』の後半に説かれることで,歴史的人物として姿を現した釈尊は,本当は永遠の仏が垂迹したものであると顕示すること。天台宗では,開権顕実 (かいごんけんじつ) を法華迹門とするのに対して,これを法華本門とみている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいしゃくけんぽん【開迹顕本】

〔「迹」は垂迹、「本」は本地ほんじのこと〕
天台宗で説く法華経後半の趣旨。釈尊がこの世に現れて成仏したのは方便としての仮の姿であり、真実は永遠の昔からずっと仏であることをあきらかにする。開近顕遠かいごんけんおん。 → 開権顕実かいごんけんじつ開三顕一かいさんけんいち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android