コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開権顕実 かいごんけんじつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開権顕実
かいごんけんじつ

仏教用語。天台大師智 顗 (ちぎ) が『法華経』の趣旨を説明した言葉で,方便の教えの行きづまりを打破して一乗真実の教えを表わすことをいう。すなわち衆生の機根に応じて初めに方便の教えを与えるから差別が生じるが,ひとたび『法華経』の教えを受ければ,すべて等しく究極の法界に帰することができるという意味。また天台宗では,『法華経』の後半部で歴史上の釈尊は久遠実成の仏であると説く開迹顕本 (かいしゃくけんぽん) を本門としているのに対して,前半の開権顕実を迹門としている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいごん‐けんじつ【開権顕実】

《「権」は方便、「実」は真実の意》天台宗で、法華経以前の諸経の教え(三乗)はすべて方便にすぎず、法華経こそ真実の教えであることを表したもの。教理に関していい、実践上は開三顕一(かいさんけんいち)という。開顕

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいごんけんじつ【開権顕実】

天台宗でいう法華経の趣旨で、権は方便、実は真実のこと。方便を開除して真実を顕示する、の意。従来の諸経は方便にすぎず、法華経に至って初めて真実があきらかにされたとする。開顕。開会かいえ。 → 開三顕一開迹顕本かいしやくけんぽん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

開権顕実の関連キーワード開会

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android