コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関ヶ原記 せきがはらき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関ヶ原記
せきがはらき

『酒井河内守日記』ともいう。慶長3 (1598) 年7月から同6年9月までの,伏見騒動から関ヶ原の戦いを主とした記録。1冊。酒井重忠著。成立年未詳。忍城主阿部忠秋著,太田和泉守資房 (牛一) 著の同名の書もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

関ヶ原記の関連キーワード上田流(馬術)関ヶ原

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android