関ヶ原(読み)セキガハラ

デジタル大辞泉プラスの解説

関ヶ原

司馬遼太郎の長編歴史小説。1966年刊行。西軍の将石田三成と島左近東軍の将徳川家康と本多正信の四人を主軸に、天下分け目の大戦(おおいくさ)に至る諸大名の駆け引きを描く。

関ヶ原

2017年の日本映画。監督・脚本:原田眞人、原作:司馬遼太郎の同名の歴史小説。出演:岡田准一有村架純、平岳大、東出昌大、役所広司ほか。第41回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀撮影賞(柴主高秀)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

せきがはら【関ヶ原】

◇ 岐阜県南西端、伊吹・鈴鹿両山地に挟まれた小盆地。軍事・交通上の要地で、古くは不破関が設けられた。また、中山道・北国街道・伊勢街道の分岐点にあたり、宿駅が置かれた。現在も鉄道・自動車交通上の要地。
天下分け目となる大事な局面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関ヶ原の関連情報