コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関ヶ原 セキガハラ

デジタル大辞泉プラスの解説

関ヶ原

司馬遼太郎の長編歴史小説。1966年刊行。西軍の将石田三成と島左近東軍の将徳川家康と本多正信の四人を主軸に、天下分け目の大戦(おおいくさ)に至る諸大名の駆け引きを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

せきがはら【関ヶ原】

◇ 岐阜県南西端、伊吹・鈴鹿両山地に挟まれた小盆地。軍事・交通上の要地で、古くは不破関が設けられた。また、中山道・北国街道・伊勢街道の分岐点にあたり、宿駅が置かれた。現在も鉄道・自動車交通上の要地。
天下分け目となる大事な局面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関ヶ原の関連キーワード揖斐関ヶ原養老国定公園徳川家康最後陣地伊吹県立自然公園徳川家康最初陣地影武者徳川家康関ヶ原[町]石田三成陣地疾風幕末演義細川ガラシャ繚乱三国演義関ヶ原(町)司馬遼太郎大谷吉隆墓伊富岐神社岡山烽火場関ヶ原演義譜代大名井伊直政長束正家伊吹山地

関ヶ原の関連情報