関ヶ原

デジタル大辞泉プラス「関ヶ原」の解説

関ヶ原

司馬遼太郎の長編歴史小説。1966年刊行。西軍の将石田三成と島左近、東軍の将徳川家康と本多正信の四人を主軸に、天下分け目大戦(おおいくさ)に至る諸大名の駆け引きを描く。
②2017年の日本映画。①を原作とする。監督・脚本原田眞人。出演:岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、役所広司ほか。第41回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀撮影賞(柴主高秀)受賞

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android