コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿吾地 あごち

百科事典マイペディアの解説

阿吾地【あごち】

鶴松

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿吾地
あごち / アオチ

北朝鮮最北端、咸鏡北道(かんきょうほくどう/ハムギョンプクド)恩徳郡にある邑(ゆう)(町)。褐炭の産地で埋蔵量1億5400万トン。咸鏡北道の鏡城、穏城、慶源、阿吾地で産出する第三紀層の褐炭を使った石炭液化工業が行われている。阿吾地には石炭専門学校がある。[魚 塘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿吾地の言及

【雄基】より

…1921年に開港し,豆満江上流方面そして中国東北部へ連絡する鉄道が開通してから,雄基市は日本~北部朝鮮~中国を結ぶ交通上の要衝として発達した。第2次大戦後は,日本,中国との関係を絶ち,阿吾地の褐炭,豆満江上流の木材が開発され,それらを清津など日本海沿岸の工業地帯へ供給する拠点となっている。雄基港は冬結氷するが,メンタイ(スケトウダラ)など日本海漁業の最北基地とされている。…

※「阿吾地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

阿吾地の関連キーワードハムギョンプク(咸鏡北)道トゥマン(豆満)江ハムギョンプクド人造石油細川 一豆満江褐炭清津雄基

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android