コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咸鏡北道 カンキョウホクドウ

デジタル大辞泉の解説

かんきょう‐ほくどう〔カンキヤウホクダウ〕【咸鏡北道】

ハムギョンブクド

ハムギョン‐ブクド【咸鏡北道】

朝鮮民主主義人民共和国北東部、日本海に臨む道(どう)。北は豆満江(とまんこう)を隔てて中国・ロシア連邦と接する。道庁所在地は清津(チョンジン)。鉄などの地下資源に富み、スケトウ漁が盛ん。かんきょうほくどう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

咸鏡北道【かんきょうほくどう】

朝鮮民主主義人民共和国北東端の道。3市12郡。道都は清津。他に市は金策会寧羅津市は1993年9月に直轄市となり咸鏡北道から離れる。北西部に摩天嶺山脈,中央部に咸鏡山脈が走り,平野部は豆満江下流地帯と輸城川,漁郎川,南大川などの流域にすぎない。
→関連項目両江道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かんきょうほくどう【咸鏡北道】

ハムギョンブクト【咸鏡北道】

朝鮮民主主義人民共和国の北東端部に位置する道。日本海に臨み、豆満江トマンガンにより中国・ロシア連邦に接する。道都は清津チヨンジン。かんきょうほくどう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

咸鏡北〔道〕
かんきょうほく

ハムギョンプク(咸鏡北)道」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

咸鏡北道
かんきょうほくどう / ハムギョンプクド

北朝鮮最北端の道。面積約1万6000平方キロメートル。行政区画は3市(清津(せいしん/チョンジン)、金策(きんさく/キムチェク)、羅津(らしん/ラジン))、13郡。道所在地は清津。地形はおおむね山地が優勢で起伏の差が大きい。咸鏡山脈が道中央を北東から南西に走っている。この山脈は傾動山地で、東斜面は急峻(きゅうしゅん)で北朝鮮の東海岸(日本海側)に迫っているが、西斜面は緩く白茂(はくも/ペクム)高原のような隆起準平原を形成している。平野は日本海沿いに輸送平野と漁郎平野が開けている。気候は、内陸高原は寒冷で年平均気温8℃であるが、海岸地方はそれより2℃高い。年降水量は600~800ミリメートルである。河川は、豆満江(とまんこう/トマンカン)が北部で中国、東部でロシア国境を界しながら日本海に注いでいる。
 本道の産業は、東洋一といわれる埋蔵量11億トンの茂山鉄山をはじめ、吉州(きっしゅう/キルチュ)の雲母(うんも)鉱、清津、羅津のニッケル鉱と会寧(かいねい/フェリョン)のコバルト鉱、鏡城、遊仙、会寧の高嶺(こうれい)土(陶磁器原料)など、豊富な地下資源に支えられている。また、豆満江下流沿岸と吉州・明川地溝帯の褐炭は全国生産量の80%を占めている。これら有利な立地条件によって、鉄山地茂山から清津地区の金策製鉄所、清津製鋼所、富寧冶金(ふねいやきん)工場、金策地区の城津製鋼所は一つのコンビナートを形成し、北朝鮮の二大金属工業基地の一つになっている。ここで生産されたケイ素鉄、クロム鉄、高速鋼、ベアリング、スプリング鋼などは国内各地の機械製作所へ供給されている。このほか阿吾地(あごち/アオチ)の石炭液化工場、明間化学工場(樹脂、火薬)、吉州パルプ工場、清津化学繊維工場、勝利化学工場があり、建材工業では古茂山セメント工場、朱乙(しゅおつ/チュウル)、会寧の陶磁器工場、会寧クラフト紙工場がある。
 水産業では漁業が基本になっているが、漁獲物中メンタイ(スケトウダラ)が総漁獲高の70%を占め、ついでサバ、ブリの順である。農業では耐寒性の強い大麻、ホップやトウモロコシなどが主産物である。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の咸鏡北道の言及

【咸鏡道】より

…これらは,おおむね日中戦争のための軍需物資を供給する兵站(へいたん)基地となり,これを重視する立場は〈北鮮ルート論〉と呼ばれた。独立後朝鮮民主主義人民共和国は咸鏡北道の中心都市である清津,咸鏡南道の咸興を拡大して直轄市に昇格させる一方,蓋馬高原を中心とする地域を咸鏡南道から分離して両江道を設立するなど本道を行政的には2直轄市,3道に分割した。咸鏡北道の道都は金策,咸鏡南道の道都は新浦で,南北道は摩天嶺を境とする。…

※「咸鏡北道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

咸鏡北道の関連キーワードキム・グヮンヒョプ(金光侠)朝鮮民主主義人民共和国イ・ヨンアク(李庸岳)オム ユンチョルハムギョンプクド雄基松坪洞貝塚会寧五洞遺跡茂山虎谷遺跡テポドン2屈浦里遺跡西浦項遺跡羅津・先鋒雄基貝塚全 秉浩佐木隆三舞水端里金竜成崔曙海金炳勲尹世重

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

咸鏡北道の関連情報