コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降る雪の フルユキノ

デジタル大辞泉の解説

ふるゆき‐の【降る雪の】

[枕]雪が消えるところから、また白いところから、「消(け)」「白」などにかかる。「け(消・日)」「いちしろし」「行き」などを起こす序詞の一部にも用いた。
「―消なば消ぬがに恋ふといふ我妹(わぎも)」〈・六二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふるゆきの【降る雪の】

( 枕詞 )
雪の消えやすくまた白いことから、「消」「白髪しらかみ」にかかる。 「 -消なば消ぬがに恋ふと言ふ我妹わぎも/万葉集 624」 「 -白髪までに/万葉集 3922

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

降る雪のの関連キーワードひょう(雹)葛城(能)既に・已に暴風雪警報仕へ奉る海人小舟ぬがに万葉集橘諸兄新たし頻鳴く葼結ふ弥頻く天の下紀清人凌ぐかつ白髪頻く既に

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

降る雪のの関連情報