白髪(読み)しらが(英語表記)canties; polisis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白髪
しらが
canties; polisis

白毛症。毛母色素細胞が産生するメラニン色素が欠乏し,毛髪色調を失った状態。先天性の白髪は毛母色素細胞の欠如ないし高度の機能低下 (白子) によって起り,後天性の白髪は同細胞の機能低下ないし停止による。一般に加齢により増加するが,尋常性白斑円形脱毛症プリングル病ウェルナー症候群などの基礎疾患があって二次的に生じる場合も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しら‐が【白髪】

上代は「しらか」か》
色素がなくなったために白くなった髪。はくはつ。「白髪が増える」「若白髪
昔、幼児の髪置きの祝いに長命を祈って用いたかぶり物。すが糸・麻苧(あさお)・真綿などで白髪の垂れた形に作る。しらがわた。
婚礼の祝いの贈り物に用いる麻または白絹の束。
白い絹糸。

しら‐かみ【白髪】

白い髪。しらが。しろかみ。

しろ‐かみ【白髪】

白い頭髪。しらが。しらかみ。
「降る雪の―までに大君に仕へ奉(まつ)れば貴くもあるか」〈・三九二二〉

はく‐はつ【白髪】

白くなった毛髪。しらが。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

白髪【しらが】

毛根部でメラニン形成が停止し,白くなった毛髪。老人性白髪のほか,壮年性白髪(若白髪),先天性白皮症白子)や,尋常性白斑(しろなまず)の病変部などに見られる。原因疾患の治療で回復することもあるが,治療困難なものは白髪染めをすることが多い。毛染剤のうち,よく用いられるp‐フェニレンジアミンは,その効果は持続的だが,適用時に地肌の炎症を起こすことがあるので注意を要する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらが【白髪 canities】

灰白色ないし白色化した毛は一般に白毛(はくもう)といい,白髪は頭毛の白毛化をいう。毛髪の色調は,毛母色素細胞のつくるメラノソーム(微小なメラニン顆粒)の性質や状態および毛髪角化細胞への取込み量に依存する。したがって,毛の白色化は色素細胞の数や機能の異常を意味する。白毛には大別して汎発性白毛限局性白毛がある。前者は全身の毛の白色化で,白皮症(しらこ)や老人性変化,あるいは高度の尋常性白斑(しろなまず)等にみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しらが【白髪】

色素がなくなり、白くなった髪。はくはつ。 「 -交じりの髪」
婚礼の贈り物に用いる麻。
昔、子供の髪置きの祝いに、長寿を願って頭にかぶらせた垂髪。絓糸すがいと・麻などで作った。
白い絹糸。 〔日葡〕

しらかみ【白髪】

しろかみ【白髪】

しらが。はくはつ。しらかみ。 「降る雪の-までに大君に仕へ奉れば/万葉集 3922

はくはつ【白髪】

白くなった髪の毛。しらが。
[句項目] 白髪三千丈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白髪の関連情報