コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

降水効率 こうすいこうりつ efficiency of precipitation

1件 の用語解説(降水効率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

降水効率
こうすいこうりつ
efficiency of precipitation

地表面の乾湿の度合いを表すために考え出された量で,年蒸発量に対する年降水量の比。P-E指数ともいう。蒸発量についての気候資料は十分ではないため,通常気温の関数で置き換える。アメリカ合衆国の気候学者チャールズ・W.ソーンスウェートが 1931年に発表したものが特に有名で,月降水量 r を mm,月平均気温 T を℃で表すと,である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の降水効率の言及

【気候示数】より

…なお植生分布に対応する示数としてKP/(W+20)(W<100の場合),K=2P/(W+140)(W>100の場合)を乾湿示数と名付けている(P(mm)は年降水量)。
[降水効率precipitation effectiveness]
 月降水量P(インチ)を月蒸発量E(インチ)で割った比(PE比)を12ヵ月合計してこれを10倍したものを降水効率またはPE示数といい,C.W.ソーンスウェートが気候分類(旧分類)のために考案したもの。蒸発によって失う水分を考慮した降水の効率を意味する。…

※「降水効率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

降水効率の関連キーワード被度音量軽重進み程度度合熱度ILI潮どおし換金性

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone