コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸発量 ジョウハツリョウ

デジタル大辞泉の解説

じょうはつ‐りょう〔‐リヤウ〕【蒸発量】

蒸発する液体の量。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうはつりょう【蒸発量 amount of evaporation】

蒸発とは液体または固体の表面だけから気化が行われる現象をいう。気象学や水文学で問題となるのは,水または氷が水蒸気となって空気中に逃げていく現象であり,蒸発量といった場合は水の蒸発量をさす。蒸発量を測定する器械を蒸発計といい,ふつう測候所などでは円筒容器に水を満たしその水位変化により測定する。1日の蒸発量は季節によってもちがうが,真夏の快晴でも数mm程度である。蒸発量を大規模に見ると,低緯度ほど量は大きいが(年間100~150cm),降雨量と蒸発量の差は緯度10゜~30゜(北緯,南緯とも)の亜熱帯高気圧域の海が最も大きく,年間50cmにも達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蒸発量の関連キーワードソーンスウェートの気候区分ウブス・ノール[湖]ウブス・ノール[湖]シル・ダリヤ[川]蒸気アキュムレータトゥマン(豆満)江ケッペンの気候分類ホワイトナイル川サルガッソー海クライモグラフ煙管ボイラドライアイ炉筒ボイラ気候要素ボイラーギニア湾産業用水セバン湖乾燥気候カスピ海

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒸発量の関連情報