コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸奥茂太夫 むつのく しげたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陸奥茂太夫 むつのく-しげたゆう

みちのく-しげたゆう

陸奥茂太夫 みちのく-しげたゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
初代竹本義太夫(ぎだゆう)の高弟で,門下四天王のひとり。大坂竹本座で活躍し,享保(きょうほう)10年(1725)ごろ死去。豊竹筑前少掾(ちくぜんのしょうじょう)ほか門人がおおかった。茂太夫の編で師の追善段物集「陸奥杣谽谺(みちのくそまのやまびこ)」が元文2年(1737)刊行されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

陸奥茂太夫の関連キーワード豊沢広助(5代)難波三蔵浄瑠璃

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android