コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹筑前少掾 とよたけ ちくぜんのしょうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹筑前少掾 とよたけ-ちくぜんのしょうじょう

1700-1768 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
元禄(げんろく)13年生まれ。大坂の人。義太夫節の陸奥(みちのく)茂太夫の弟子。豊竹伊太夫,竹本美濃太夫をへて,元文3年竹本此太夫(このたゆう)を名のる。寛延元年「仮名手本忠臣蔵」上演の際,人形遣い初代吉田文三郎と衝突,竹本座から豊竹座へうつり豊竹此太夫と改名。翌年筑前少掾を受領した。明和5年11月5日死去。69歳。通称は岸本屋善兵衛,合羽屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

豊竹筑前少掾

没年:明和5.11.5(1768.12.13)
生年:元禄13(1700)
江戸中期,義太夫節の太夫。前身の商売から通称合羽屋伊兵衛。享保18(1733)年陸奥茂太夫の門弟として豊竹座に初出座。元文2(1737)年には竹本美濃太夫の名で竹本座へ出勤し,翌年竹本此太夫を名乗る。延享1(1744)年の竹本播磨少掾没後は竹本座の中心的存在として活躍,「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」では三段目切を,「仮名手本忠臣蔵」では九段目を語った。寛延1(1748)年の興行中に,此太夫と人形遣いの吉田文三郎とが演出上の意見の相違から衝突,此太夫は島太夫ら3名と共に竹本座を退座するという,いわゆる「忠臣蔵騒動」が起きる。此太夫は豊竹座へ移籍し豊竹此太夫と改名,翌年受領して豊竹筑前少掾藤原為政を名乗り,宝暦期前半の豊竹座の三段目切を主に語る。宝暦1(1751)年12月豊竹座初演の「一谷嫩軍記」では三段目切「熊谷陣屋の段」を語り大当たりを取った。小音,低調子のなかにも派手な気分を出すように心掛けたといわれ,現在でも「筑前風」として伝えられている。宝暦7年に引退,以後は後進の指導に専念した。

(桜井弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよたけちくぜんのしょうじょう【豊竹筑前少掾】

1700‐68(元禄13‐明和5)
義太夫節の太夫。陸奥茂太夫の門人で,本名は岸本屋善兵衛。初め陸奥伊太夫と称し出羽芝居に出演していたが,1737年(元文2),竹本座へ移り,竹本美濃太夫,さらに竹本此太夫となる。播磨少掾(竹本政太夫)没後は義太夫節第三世代の旗頭として竹本座を背負って立った。しかし48年(寛延1),人形遣い吉田文三郎と演出上衝突した忠臣蔵事件(《仮名手本忠臣蔵》)で退座した。その後は豊竹座に移籍,49年に受領して豊竹筑前少掾藤原為政と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊竹筑前少掾の関連キーワード豊竹此太夫(2代)豊竹岡太夫(初代)豊竹此太夫(1世)吉田文三郎(初代)豊竹駒太夫(初代)豊竹此太夫(初代)豊竹鐘太夫(初代)鶴沢友次郎浄瑠璃

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android