高弟(読み)こうてい

精選版 日本国語大辞典 「高弟」の意味・読み・例文・類語

こう‐てい カウ‥【高弟】

〘名〙 多く弟子(でし)の中で、特にすぐれたもの。弟子のなか上位にあるもの。高足(こうそく)
※桂川地蔵記(1416頃)上「地蔵菩薩者釈尊摩頂之高弟」 〔史記‐礼書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「高弟」の意味・読み・例文・類語

こう‐てい〔カウ‐〕【高弟】

弟子の中でも特にすぐれた者。高足。「孔子門下の一〇人の高弟
[類語]教え子弟子門弟門人門下門下生愛弟子生徒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「高弟」の読み・字形・画数・意味

【高弟】こう(かう)てい

すぐれた弟子。〔史記、礼書〕子夏の、門人の高弟なるよりして、ほ出でては麗なるを見て(よろこ)び、入りては夫子(ふうし)のを聞きて樂しむと云ふ。

字通「高」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android