随徳寺(読み)ズイトクジ

デジタル大辞泉の解説

ずいとく‐じ【随徳寺】

《ずいと跡をくらますを、しゃれて寺の名らしく言ったもの》あとのことをかまわずに逃げ出すこと。「随徳寺をきめる」
「あいつを船におきざりとして、是なりに―はどうだ」〈滑・続膝栗毛・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずいとくじ【随徳寺】

〔跡をずいとくらます、という意をしゃれて寺の名のようにいった語〕
あとのことなどかまわずに逃げ出すこと。一目散。 「あいつを船におきざりとして、これなりに-はどうだ/滑稽本・続膝栗毛」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ずいとく‐じ【随徳寺】

〘名〙 (「ずいと何々する」の「ずいと」をしゃれて寺の名のようにいった語) あとのことなどかまわずに逃げだすこと。跡をくらますこと。
※黄表紙・通風伊勢物語(1782)「金子百両ぬすみ出し首に懸け、随徳寺(ズヰトクジ)と出掛ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android