際は際(読み)きわはきわ

大辞林 第三版の解説

きわはきわ【際は際】

各々、身分相応にするのがよいということ。 「いとかやうなる-とこそ侍るなれ/源氏 帚木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きわ【際】 は 際(きわ)

その人の身分に応じて、それにふさわしい相手とつきあったり、語り合ったりすべきだということ。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「げにさもある事。俄かに我も人も打解けて語らふべき人のきははきはとこそあれなど、あはれにおぼさるる人の御ほどなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android