コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末摘花 すえつむはな

10件 の用語解説(末摘花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末摘花
すえつむはな

源氏物語』の「末摘花」の巻の女主人公常陸宮の娘。源氏は好奇心を起して通い,やがて顔色青く鼻が垂れてその先が赤いという醜さに驚くが,のち哀れんでその後も世話をする。のちには醜女を嘲笑していうときに用いられ,また川柳集の書名ともなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

末摘花
すえつむはな

誹風末摘花』の略称。江戸時代後期の川柳集。4巻。初代柄井川柳の撰になる『川柳評万句合』のなかから破礼句 (ばれく) と呼ばれるわいせつな句だけを集めたもので,初編が安永5 (1776) 年に刊行され,第2編天明3 (83) 年,第3編寛政3 (91) 年,第4編享和1 (1801) 年と続刊された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すえつむ‐はな〔すゑつむ‐〕【末摘花】

《花が茎の末の方から咲きはじめるのを順次摘み取るところから》ベニバナの別名。 夏》「わが恋は―の莟かな/子規

すえつむはな【末摘花】[書名]

源氏物語第6巻の巻名。光源氏、18歳から19歳。源氏は常陸宮(ひたちのみや)の娘末摘花と契りを結び、翌朝大きな赤鼻の醜女だったことを知る。
源氏物語の登場人物。常陸宮の娘。容貌は醜いが、古風で実直な性格をもつ。
誹風(はいふう)末摘花」の略称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

末摘花【すえつむはな】

川柳集。《誹風末摘花》とも記す。4編4冊。1776年―1801年刊。初編は書肆花屋久次郎編か。2編以下は似実軒酔茶編。川柳評前句付《万句合》の中から,性的風俗を扱った末番句(すえばんく),いわゆる〈バレ句〉を選び出し,一句立として集めた艶句集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末摘花 すえつむはな

源氏物語」の登場人物
常陸宮(ひたちのみや)の姫。容姿がみにくく,ながくのびた鼻の先が末摘花(ベニバナ)でそめたようにあかい。光源氏はそれとは知らず一夜をちぎり,その後も気の毒におもい面倒をみるが,姫は出家する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すえつむはな【末摘花】

川柳風狂句艶句集。《誹風末摘花》とも記す。初編は書肆花屋久次郎編。1776年(安永5)刊。二編以下は浅草似実軒酔茶(戯号)編。83年(天明3)二編,91年(寛政3)三編,1801年(享和1)四編刊。初編の奥に〈川柳評万句合(まんくあわせ)書抜〉とあるように,初代川柳の万句合摺物から〈末番(すえばん)句(ばれ)〉だけを抜いたもので,末番の花を摘み集めたというしゃれた書名である。4編合計2331句。大正末年に沢田五猫庵の手により,八編までが追加編集されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すえつむはな【末摘花】

〔茎の末の方から花が咲き始めるのを、摘み取るところから〕
ベニバナの別名。 [季] 夏。 《 わが恋は-の莟かな /正岡子規 》

すえつむはな【末摘花】

源氏物語の巻名。第六帖。
○ 源氏物語の作中人物。常陸宮の女むすめ。赤鼻の醜女だが、古風で実直。
「誹風はいふう末摘花」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末摘花
すえつむはな

江戸中期の川柳(せんりゅう)句集。4編。初編1776年(安永5)刊、4編1802年(享和2)刊か。各編約500~600句を収める。書名は『誹風(はいふう)末摘花』とも。「末摘花」は、川柳評万句合(まんくあわせ)の末番(すえばん)(末等入賞)中より恋の句を抜粋したことを、『源氏物語』末摘花の巻に言い掛けた命名で、卑俗で滑稽(こっけい)な恋の句を集成し、『柳多留(やなぎだる)』の恋の句版を意図したもの。「蛤(はまぐり)は初手(しょて)赤貝(あかがい)は夜中(よなか)なり」の巻頭句をはじめとして、句の素材は卑猥(ひわい)であるが、表現は軽妙な滑稽感にあふれた佳句が多く、また江戸風俗の資料としても貴重。なお、大正に至って、沢田例外(れいがい)が5~8編を編んだ。[岩田秀行]
『岡田甫編『定本誹風末摘花』(1952・第一出版社) ▽岡田甫著『川柳末摘花詳釈』上・下・拾遺編(1955~56・有光書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末摘花の関連キーワード遅咲き言葉に花が咲く咲く四季咲き花が咲く話に花が咲く梅初月笑む咲初める紅額

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末摘花の関連情報