際高し(読み)キワダカシ

デジタル大辞泉の解説

きわ‐だか・し〔きは‐〕【際高し】

[形ク]特にきわだっている。また、気位が高い。
「さすがなるさかしら心の、―・くさいまくれたるやうなる」〈浜松・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きわだかし【際高し】

( 形ク )
特に顕著である。きわめてはっきりしている。 「世のうき時のかくれがにと、-・く思ひ立ちて侍るを/堤中納言 よしなしごと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android