気位(読み)きぐらい

精選版 日本国語大辞典「気位」の解説

き‐ぐらい ‥ぐらゐ【気位】

〘名〙
他人とくらべて自分の方が上だと考え、その品位を保とうとする気の持ち方。
※評判記・江戸土産(1784)従夫以来記「そこをあるまいと書ておくは、作者のきぐらいさ」
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉一「お前は気位(キグラヰ)が高いから源さんと一処(ひとつ)にならうとは思ふまい」
剣道で、自信から生じる威力名人達人におのずからそなわったもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気位」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android