コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雅邦紙

デジタル大辞泉プラスの解説

雅邦紙

福井県越前市で生産される和紙。大正期に日本画家の橋本雅邦の好みにあわせ、和紙職人、岩野平三郎の工房で制作した日本画用紙。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の雅邦紙の言及

【越前紙】より

…その高い技術を見込まれて,各藩の御用紙や藩札などをすき出した。明治以後,新たに雅邦紙(がほうし)などの日本画用紙を開拓し,大画面に応じた3間(約5.5m)四方の巨大な紙や,中絶していた麻紙(まし)の復興など新しい工夫を行った。そのほか襖(ふすま)紙を飾る各種各様のすき模様紙(美術小間紙)の技術を開発したり,ヨーロッパのためすきをとり入れた局紙をすくなどの創意工夫に努めた。…

※「雅邦紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雅邦紙の関連キーワード福井県越前市

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android