コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集光 シュウコウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐こう〔シフクワウ〕【集光】

[名](スル)レンズや反射鏡を用いて、光線を1か所または一方向に集めること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうこう【集光】

( 名 ) スル
レンズや鏡を用いて、光線を一方向に集めること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

集光の関連キーワードプロジェクターヘッドライトαマルチミラー望遠鏡コンデンサーレンズオフサルモメーターチェレンコフ望遠鏡シュリーレン法スライド映写機太陽熱利用設備スポットライトマイクロレンズ大気蛍光望遠鏡フレネルレンズ位相差顕微鏡ケイ光顕微鏡太陽熱集熱器ライムライトコンデンサーコノスコープすばる望遠鏡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集光の関連情報