コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集光 シュウコウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐こう〔シフクワウ〕【集光】

[名](スル)レンズや反射鏡を用いて、光線を1か所または一方向に集めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうこう【集光】

( 名 ) スル
レンズや鏡を用いて、光線を一方向に集めること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

集光の関連キーワードプロジェクターヘッドライトαチェレンコフ望遠鏡マルチミラー望遠鏡オフサルモメーターコンデンサーレンズフレネルレンズマイクロレンズスポットライトスライド映写機大気蛍光望遠鏡太陽熱利用設備シュリーレン法セグメント鏡太陽熱集熱器すばる望遠鏡位相差顕微鏡コノスコープケイ光顕微鏡コンデンサー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集光の関連情報