コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌株 メカブ

デジタル大辞泉の解説

め‐かぶ【雌株】

雌雄異株の植物で、雌花だけをつける株。→雄株(おかぶ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めかぶ【雌株】

雌雄異株の植物で、雌花だけをつける株。 ⇔ 雄株

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雌株の言及

【雌雄異株】より

…単性花は,同じ個体に両方のタイプの花をもつ雌雄同株(アカマツ,カボチャなど)と,雌花と雄花がそれぞれ別の個体についている雌雄異株(イチョウ,ソテツなど)とに区別される。雌花のみをつける株を雌株,雄花のみをつける株を雄株というが,雌株と雄株とで染色体構成を異にするものもある(雌株,雄株への分化にはホルモンが関与する)。種子植物以外でもアオミドロ,ゼニゴケやスギゴケの配偶体,スギナ,サンショウモ,デンジソウの前葉体などは雄性生殖器と雌性生殖器が別の個体につくられるので,雌雄異株と呼ばれる。…

※「雌株」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

雌株の関連キーワードゲッケイジュ(月桂樹)セキショウモ(石菖藻)ホソバイワベンケイニクズク(肉荳蔲)ゴシュユ(呉茱萸)マムシグサ(蝮草)ミカヅキゼニゴケクロゴケ(黒苔)ハリグワ(針桑)イヌマキ(犬槙)イバラモ(茨藻)アカギ(赤木)フロリダソテツホウレンソウヒトツバハギニガカシュウイタビカズラアマチャヅルアスパラガスカシュウイモ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雌株の関連情報