雌雄異株(読み)しゆういしゅ(英語表記)dioecism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雌雄異株
しゆういしゅ
dioecism

二家花ともいう。単性花をつける種子植物のうち,雌花雄花とが別の株 (個体) に生じること。イチョウイチイアオキなどがその例。コケ,シダ植物でも,雌雄生殖器官を別個の原糸体前葉体上に生じるものに,この語を用いる。また,ポプラキヌヤナギのように外国から日本に渡来した植物のなかには,雄株だけしか知られていないものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゆう‐いしゅ【雌雄異株】

単性花をつける植物で、雌花と雄花を別々の個体につけること。また、その植物。イチョウ・ソテツ・アサなど。雌雄別株

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雌雄異株【しゆういしゅ】

雌雄別株とも。種子植物で雌花と雄花をそれぞれ別の個体につけ,したがって個体に雌株と雄株の別のあること。イチョウソテツネズクワホウレンソウ,アマチャヅルなどにみられる。種子植物以外でも,雌雄の生殖器官を別々の個体に作ることをいい,アオミドロゼニゴケなどにみられる。受粉は種子植物では風,虫,鳥,水などによって媒介され,ゼニゴケなどの場合には,鞭毛をもつ精子が泳いで雌花に到達する。
→関連項目アオキ(青木)アオツヅラフジアカメガシワアダンイイギリイタドリイチイ(一位)イヌガヤイヌツゲイブキウェルウィッチアウコギウツボカズラウメモドキウラシマソウウワバミソウエビヅルオケラオニシバリオンタデカジノキカツラカナムグラカナリーヤシカヤカラスウリガンコウランカンノンチク(観音竹)キウイフルーツキハダ(植物)キブシキャラボククロウメモドキクロモクロモジケショウヤナギゲッケイジュ(月桂樹)コウボウムギゴシュユコリヤナギサクラタデサネカズラサルトリイバラサルナシサンショウ(山椒)シオデジャゴケ雌雄同体シュロ(棕櫚)シュロチクシンジュジンチョウゲ(沈丁花)スギゴケセキショウモソヨゴタイマ(大麻)タコノキタラヨウダンコウバイツクバネツルウメモドキトコロトベラドロノキナギナギイカダニガキネコヤナギハイネズハイマツハゼノキハナイカダハナノキパパイアパンパスグラスヒサカキピスタチオフウトウカズラフキベンケイソウホップホリーマオウ(麻黄)マキマムシグサマユミミヤマシキミムサシアブミモクセイ(木犀)モチノキヤドリギヤマノイモヤマハハコヤマモモユズリハ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゆういしゅ【雌雄異株 dioecism】

植物が雌花と雄花を別の個体にもつ場合をいう。種子植物の花は一般におしべとめしべをもち,両方の性を兼ねそなえた両性花hermaphrodite flowerであるのに対して,アカマツ,イチョウ,カボチャなどは単性花unisexual flowerであって雄花と雌花の区別をもつ。単性花は,同じ個体に両方のタイプの花をもつ雌雄同株(アカマツ,カボチャなど)と,雌花と雄花がそれぞれ別の個体についている雌雄異株(イチョウ,ソテツなど)とに区別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゆういしゅ【雌雄異株】

植物の種で、雌花をつける株と雄花をつける株の区別があること。イチョウ・ソテツ・アサなど。雌雄別株。二家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雌雄異株
しゆういしゅ

雌雄同株に対する語で、単性花をつける植物のうち、雄花と雌花とが別の個体に生ずる植物のこと。雌雄別種、雌雄異体二家(にかか)ともいい、雌花をつける植物体を雌株、雄花をつける植物体を雄株とよぶ。雌雄異株は木に多く、イチイ、イチョウ、アオキ、モクセイ、クワ、ヤナギなどが含まれる。草では、アサ、イタドリ、カナムグラ、ホウレンソウなどがある。雌株と雄株では染色体構成の異なるものもある。[吉田精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゆう‐いしゅ【雌雄異株】

〘名〙 植物で、雌花と雄花を別々の個体につけること。また、その植物。花は単性花で、雌花だけをつける株を雌株、雄花だけをつける株を雄株という。イチョウ、ソテツ、アサ、クワ、ホウレンソウなど。雌雄別株。二家。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android